デュエリズムの気ままに徒然

演奏やら遊戯王OCGやら趣味を中心に色々と書いてます。ツイッターhttps://twitter.com/@saecqYm

京都の中華そば専門店「あさの」の焼飯!!まさに国宝級!!

f:id:kaian7315:20170629155809j:plain

 

知る人ぞ知る名店。

京都駅から外れ、東寺から九条通りを歩いてるとポツンと小さなラーメン屋があります。

中華そば専門店「あさの」

 

メニューは至ってシンプル。

ラーメンと焼飯、焼豚のみ。

迷う必要はございません。シンプルイズベスト。

1番の定番はラーメンセット

(ラーメン+やきめし) で1000円ですかね。

 

ラーメンも中々いけますが、

真に絶品なのは。

f:id:kaian7315:20170629155843j:plain

 

 

この焼飯。

並600円。

大盛り740円。

 

一度食べたら病みつき。

玉ねぎのしゃりしゃり感と、卵のハーモニー。どこか懐かしい味付けは、皆さん口を揃えていいます、

「これぞおふくろの味」

品数は少なくても充分。

これだけで満足できます。

物足りなくても問題無し。

この店、沢庵食べ放題。

この沢庵も中々評判は上々。食べやすい。

 

 

焼飯と沢庵。

これだけで充分一杯やれます。ていうか現在進行系で飲んでます(笑)

 

残念ながらご主人がご高齢で、病気がちでしばしば店を閉めてられます。

開いてたらその日はラッキー!!と思いましょう。

迷わず店に入り、絶品焼飯、余裕があればラーメンを味わいましょう!!

普通は逆ですけどね(笑)

 

以上、京都の某コンビニでこの度11年勤め上げたデュエリズムが、名店

「あさの」をご紹介いたしました!!

WWE マネー インザ バンク2017での中邑真輔選手の起用法に可能性感じたんだ

youtu.be

 

あの興奮再び!?

フラグ….建ちましたね。

中邑真輔AJスタイルズ、それもWWEの舞台にて。

しかも、風の噂では娯楽スポーツエンターテイメント最高峰の舞台

 

「レッスルメイニア」にて実現するとかしないとか。

最高です。滾ります。

 

MIBの試合自体は、残念ながらバロン・コービン選手にカバンを取られましたが、素晴らしい演出で会場を盛り上げ、充分インパクトを残したのではないでしょうか。

梯子を駆使したハードヒットの試合にどう対応するのか楽しみだったので、

入場中襲撃→一旦退場→終盤みんなヘロヘロのタイミングで復活&無双 

 

この演出に最初はええ…こんな露骨な贔屓待遇だと余計ヘイトを招いてしまうんじゃ…と心配しましたが、

再入場時の観客のテーマソング大合唱と、AJスタイルズ選手とお互い睨み合った

シーンの盛り上がりをみて、あ、成る程。と納得しました。睨み合いでは身震いしましたね……結果的に大正解のシナリオだったようです。下手にカバンを取り王座挑戦権を得てしまわないかハラハラしましたが(笑)

何れにせよ、PPV二戦目にしてメインイベントは破格の待遇でしょう。

遥か昔から中邑真輔選手を観てきた僕にとって感慨深いものがあります。

 

中邑真輔選手を生で拝見したのは一度きり。

2002年か2003年でしたっけ?まだ中邑選手がデビュー間も無く、新日本プロレスIWGPベルトを 巻く寸前の興行でした。

鳥取県の体育館。興行前のリング上で、永田裕志選手と共にちびっこレスリングの相手をしていた様な記憶があります。中邑選手はニコニコと優しい眼差しでちびっこ達を眺めておられ、こちらも微笑ましい気分になりました!

だかしかし…今思うと、この組み合わせ…永田選手、中邑選手…

この二人が共にその年末の大晦日格闘技イベントで…

それぞれトンデモナイ目にあうとは。この時は夢にも思いません(笑)

 

youtu.be

 

youtu.be

 

中邑選手は兎も角…

永田裕志選手、なんて無理ゲー(笑)

当時世界最強のヒョードル相手に練習もロクにせず(笑)

今昨今KO負けしたばかりの今のヒョードル選手なら…永田選手ワンちゃんリベンジ可能…いや無理か(笑)

 

鳥取での話に戻ります。レスリング教室最中そのリングの脇で、

当時絶好調だった今は亡き星野勘太郎氏が。

神輿に担がれ、日の丸の扇子を翳し盛り上がっておりました。

謎です。

未だに何をしたかったのか。

永遠の謎です(笑) 楽しかったので構いませんが(笑)

貴重な思い出です。

 

あれから10年以上…何かから解き放たれた様に中邑選手がここまで進化を遂げ、高みに到達するとは。

同年代として励みになります。

今年、ついにWWEの本格的なメインキャストに登りつめた中邑選手。

何を魅せてくれるのか。目が離せません。

差し当たり、夏のビッグイベント、「サマースラム」

恐らく出場は間違いないでしょう。どんな立ち位置でどのようなマッチメイクを組まれるのか。ワクワクは止まりません!!

 

 

その一方で。

 

僕自身も後数時間後、新たなステージに立ちます。

 

そのステージで、何を魅せれるのか。

腕がなりますね!!

 

 

その

 

「労働」から解き放たれた

 

新たなステージで

 

ステージで

 

………………………

………………………

 

世間ではそれを「無職」と呼ぶんだぜ。

イヤオゥ!!

 

読者ボタン↓

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/kaian7315/kaian7315.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

 

 

「読者になる」ボタンを有効活用出来ない人、いませんか?

 

 

最近記事のpv数が伸び悩んでる人はいませんか?

記事の内容、独特の言い回し、最新の注目ネタ、お役立ち情報、興味を引くタイトルの付け方、ツイッターでの大量のフォロワー獲得、炎上させる、はてなブログ運営へのごますり(嘘)等、様々な要素が絡みますよね。…皆さん色々な戦術を構築されており、このブログ戦国時代を生き残るのに切磋琢磨。pv数増加のコツを教えて下さる記事も山程ありますね。

今回僕がピックアップしたのは、

「読者になる」ボタンの設置です。

 

え?今更?と思われる方が殆どでしょう。が、

以外と蔑ろにされてる方はおられませんか?

勿体無い話です。せっかくあなたのブログの記事を読んで、あなた自身に興味を惹かれてファンになり、定期的に購読しようとしても、

いざボタンが無い。

な〜んだ、がっかり、と去ってしまい、せっかくの読者候補を逃す。

やはり商売でもなんでも「固定客」は必要です。

自在に読者ボタンを様々な場所に設置出来れば、貴方の読者は飛躍的に増加される可能性アップ!!記事を読まれる機会は更に向アップ!

pv数増加、収益されてる方は銭の雨あられ酒池肉林ウハウハっすよ!!

 

前置きが長くなりました。簡単な事です。

はてなブログの「詳細設定」の項目を開くと

f:id:kaian7315:20170628043610p:plain

これが出てくるので、なんや長ったらしい呪文みたいなコードをコピーして貼り付け。

 

拍子抜けです。たったこれだけです。こんな簡単なことすら今まで見逃してた

筆者ゴホゴホ失礼、バカには呆れますね。

これで至る所に読者登録ボタンを乱立出来ます。

間違って押してくれたら儲けものです! 

まあ、モノは試しに早速。これでこのブログも…クックック…

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/kaian7315/kaian7315.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

アレ?

なにこれ

[読者になる]←こういうボタンが表示されない。

クリックしてみると一応出てくるけど…

こんなコードの羅列じゃ判りづらい。見栄えが悪くて気づかれないであろう。

故障かな?もう一度

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/kaian7315/kaian7315.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

なんで?ちゃんとコピーしたのに…スマホだからか?

えーい、何回かすればまともに出て来るはず!連打じゃ!気合じゃ!

 

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/kaian7315/kaian7315.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/kaian7315/kaian7315.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/kaian7315/kaian7315.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

 

 

…………

…………

せっかく思いついたお役立ち情報が…

これじゃあ誇大広告のポンコツ情報に思われるではないか…

ギブミーワンモアチャンス!!

 

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/kaian7315/kaian7315.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

 

…こ、こんな調子では、読者が増えるどころか減っじまうでは無いか!

タイトル詐欺と訴えられるではないか!

出てこい!!頼む!!プリーズカムヒア!

 

「読者」ボタン様!!

 

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/kaian7315/kaian7315.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

 

……

……………

f:id:kaian7315:20170628045203p:plain

 

 

こんな事ばかりしてるから数字が増えない。

いい教訓になったのではないでしょうか。

 

雨の日に聴きたい曲、とそれに関連した映画 [閲覧注意]

マイお題とやらにありましたので勝手にやっちゃいますけどよろしいですよね?(笑)


 

さて、僕のオススメ曲は、二番煎じどころか何十番煎じだと思いますが、

 

「singin'in in the  Rain」 邦題 「雨に唄えば

youtu.be

結構有名な曲なので知ってる方も多いでしょう。

爽やかで軽快な、覚えやすいメロディ。印象に残りやすいと思います。

カラオケでも歌いやすく、ウキウキした気分になりますね。間違い無く歴史に名を残す名曲中の名曲……

 

 

しかし

曲のイメージとは裏腹に

僕はこの曲にあまりいいイメージが無いのです…どちらかといえばトラウマめいてますかも。

おそらく察してる方もおられるかも…

そう、僕は初めてこの曲を聴いたのは上記の映画

では無く。

この下の映画だからです。

 

 

 

:この先閲覧注意

 

youtu.be

 

「時計仕掛けのオレンジ」

傑作であることは間違い無し。僕もお気に入り映画です。

しかし内容は…万人受けするとはお世辞にも言いがたく

「暴力」をテーマに取り扱われてる、賛否両論の異色作品です。

特にこの「雨に唄えば」を、主人公が口ずさむシーン、老人が理不尽にフルボッコにされており、気分を鬱蒼としてくれますね…こういう残虐な映像に明るい爽やかな音楽を使用し、ギャップにより映像の異常性を際立たせる手腕は近年よく見られる光景ですね。

この映画も正に監督の思惑どおり、トラウマを見事に植え付けられた人は少なくないでありましょう。してやられましたね(笑)

この映画は他にもベートーベンが使用されたり、音楽好きにとってなかなか楽しめるトリッキーな映画だと思います。以前僕が書いたこちらの記事にも紹介しようと

 

kaian7315.hateblo.jp

一瞬思いましたが…まあ、内容が余りにもアレなので(笑)

自重してました。今回は一応「閲覧注意」てことで気にしません(笑

まあ、興味を湧かれた方は、ある程度覚悟して観た方がよろしい!!

 

 

さらにさらに、この「雨に唄えば

僕は何年か後にとあるアニメでまた聴くことになりました。

 

youtu.be

短編アニメ映画、「空の境界」シリーズ。

これは第2章でしたっけ?確か「殺人考察/前」だったような…

もうタイトルからして穏やかではありませんよね〜(笑)

このシリーズもどう考えても万人受けはし難いですね。「時計仕掛けのオレンジ」以上に自重しない暴力やそれ以上のえげつない残虐描写はてんこ盛り(笑)

ただ、演出、音楽、戦闘描写等非常に美麗な描写なで惹きつけられる事は間違いなし。映像の雅さはアニメ界でも随一。

トーリーは少し、時系列がバラバラで分かりづらいとは思いますが、一見の価値はあるシリーズだと思います。今現在1話1時間くらいで 7章+αまで出てたかな?全部観るのは少し大変かも。この映画も観るには覚悟が必要ですかね(笑)

 ともかく、「雨に唄えば」は、ここでも主人公が口ずさんでますね。

何故暴力的シーンでの使用例が多いやら(笑)

 

雨に唄えば」この曲が生まれてから一定期間後別の映画で唄われ続ける。

ある意味色々な世代に通じて愛されてる曲と言えますね。

 

これで閉めてもいいのですが…なんかしら後味悪いかもしれない。

紹介した映画、名作ではありますが、すこ〜しヤバ目な鬱々とした作品であるのは間違い無いので、こんな感じで終わるのは僕の主義に反してる!ラストには皆さんを朗らかな気持ちで終わらせないと、男が廃る!!(笑)てなもんで。

よってもう一曲、テーマに反り雨に関連していてとある映画で印象的な曲を最後に紹介します。

この映画は文句なしに誰でも楽しめる華やかなエンターテイメント作品!!

観るのに何の覚悟も必要無し(笑)頭空っぽでも無問題。

梅雨のモヤモヤ感を吹き飛ばしてくれる事間違いなし!!

御紹介しましょう!!

 

 

 

 

 

劇場版「ラブライブ!」より

hello,星を数えて

youtu.be

 

はい、またこういうオチでございます。

僕のラブライブ推しはまだまだ続くのじゃ

 

読者登録ボタン↓

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/kaian7315/kaian7315.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

僕が仕事を辞める本当の理由

何年も前から知り合った年配の友人がいる。

最初は職場の常連さんだった。

仲良くなって、ちょくちょく飲みにも行く。

基本的には気さくな人で、筋の通った言い方だ。

色々教えられた事も多く、感謝している。

 

しかし、愚痴が多い。

筋の通ったのもあるが、自分より成功している人間に対するやっかみ、ひがみ…その頻度も高い。それを度々聴かされるのはウンザリする。

確かに僕も心の中で他人に対するひがみやら妬みやら思ってることはある。

でもなるべく其れは表に出さない。筋の通って無い事に対しては容赦無く批判はするが、嫉妬心丸出しのディスりはかっこ悪い。

ブログでもなるべく文に出さないよう気は使ってはいます…大丈夫かな?後で他の記事見直すか(笑)

 

ともかく、仕事をしている限り、常に友人の愚痴は聴かされる毎日…

それに店長の毎朝の愚痴もプラスアルファ。それに乗っかる自分も自分。澱む空気…澱むマイソウルジェム

 

辞める理由の一つ。

これ以上この場にいても何も得られない。(給料は除く)

それどころか自分が周りに影響されてどんどん腐って行く。もう結構手遅れになってる感はあるが…僕は人一倍周りに感化されやすいので。でもまだ間に合う筈。

 

 

 

この人達から離れなければ。本物の

老害」に自分はなってしまう。

 

 

 

 

今回仕事を辞めるに至った根本的な理由はコレですね。

 

元凶の大元である店長も同時に居なくはなりますが、その友人は毎朝来る。表面上は歓迎してるが、いつもウンザリ。一旦この人から距離を置きたい。近年その気持ちは日々高まってきた最中のオーナーチェンジ。

離れよう。

 

金よりも今は苦痛を取り除く事が自分には最優先事項。

 

と、いうわけです。

友人には申し訳無くもある。

毎回仕事終わりに律儀に店に寄ってくれて、他愛も無い話。

そういう取り留めない日常は人生において何よりの宝であろう。

その機会の一つが来週から失われてしまうのだから。

 

 

…でも僕にはこれ以上耐えられなかったんだな。

悪口ばかりの日常は余りに非生産的で。何も生み出せない。

停滞どころか下降線。

友人はそれに気付かない。

 

僕はまだまだ上昇したい。

 

結果貴方から遠ざかります。

 

また時々飲みには行きましょう。

新しい仕事が運良く見つかり、安定してきて愚痴を聴く余裕ができたら。

 

無職。この決断が吉と出るか凶とでるか、

まだ僕には分からない。

上昇どころか転落だろ、普通に考えたらさあ(笑)

 

でもやっぱり、生き続けてる限り、

人生は面白い。ブログという新たな出会いが、今僕を支え続けてくれる。こんな僕をフォローして下さってる方もいる。人の為になる記事なんてほぼナッシングなのに(笑)他のブロガーさん達の記事の情報量、中身の濃さには脱帽致します。日々少しずつ知識を蓄え、充実させていただいてます。勇気も湧いて来る。この歳になって挑戦する気概。

ブログに出会えなければ僕は変わらなかったであろう。本当に感謝しかない。

 

まだ間に合う…筈だ(震え声)

 

取り敢えずは一休み。まずは疲弊した身体と心をリフレッシュしたいと思います。来週からどうしようかしら。

 

一日中感謝の正拳突きでもしとく?

(笑)

 

追伸:書き終えた直後に新店長からに退職受理のメールが届いた。

ヒャッハー⊂*1

これで正式にフリーだぜィッッッ

後なんだかんだでお世話になったんで

スタッフみんなで前店長に餞別の品を贈ります。

お疲れ様です!!

f:id:kaian7315:20170623174703j:plain

 

 <iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/kaian7315/kaian7315.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

 

 

*1:・x・

Guilty Kiss セカンドシングル 「コワレヤスキ」の破壊力…圧倒的堕天…!!

youtu.be

 

先ずは一曲目の「コワレヤスキ」

これを神曲と言わず、何を神曲と言えようか。

いやいや、大袈裟ではなく、僕がラブライブファンてことを取り除いても、

素晴らしい楽曲であることは疑いようない。

壮大な情緒感溢れるハードロックナンバー。どこか北欧系のゴシックメタルの香りもちらつかせる。鳥肌がたった。

すぐにパッと思いついた系統が似ている曲のバンドは

邦楽だと 「HIGH and MIGHTY COLOR

洋楽だと「Evanescence

 

youtu.be

 

youtu.be

 

これら歴史的な名曲に比べても遜色無いであろう…

 

とは流石に持ち上げすぎかな(笑)

 

ともかく、編曲者の方の仕事ぶりには敬意を評します。

ラブライブ サンシャインという一アニメの中の、いちユニット、GUILTY Kiss。メンバーの一人である、小原鞠莉がヘヴィメタ、インダストリアルロック好きという細かい設定を活かしたまさにギルティーな仕上がり!!(謎)

いちアニメの、いちアイドルの曲の枠に収めるには勿体無い。

この曲はもっと世に広く広まるべき。

そこまで思ってしまう可能性が秘められている。

僕はそう思います。

 

更に、カップリングの

「shadow gate to love」

打って変わり洒落たダンスポップチューン。

こちらもcool!!かなりビビッときてます(古い)

系統で似てる曲が直ぐに思いつきました。僕のお気に入りのアルバム、

藤井隆さんの「オールバイマイセルフ」

その中の一曲、

「未来-sex-」

と雰囲気が似てる感じがしましたので、ますます気に入りました。

編曲者がもしこの曲を参考にされたのでしたら、相当ハイセンスな方だと思います。

この藤井隆さんの「オールバイマイセルフ」、ただの吉本芸人が酔狂で出したCDと

侮ることなかれ、音楽業界でも知る人ぞ知る高評価を得てる名盤。キリンジや、ポルノグラフィティの編曲を手がけた方々がアルバム制作に携わってる逸品。

僕も何度聴いたことやら。今までに無い独特の世界観で魅了されること間違い無し。

 

残念ながら、お聞かせしたい「未来-sex-」の試聴先が見つけられなかったので

代わりにアルバムの代表シングル、

藤井隆さんの「わたしの青い空」を張り付けときましょう。

 

youtu.be

 

この独特のサウンド

オススメの一曲です。

新しい世界の扉、貴方も開いてみませんか?

 

 

 

 

アレ?

おかしいな、なんの記事でしたっけ?

 

そうそう、藤井隆とGuilty Kissに思わぬ共通点が

あったようななかったような……ま、いっか(適当


 

では、ギルティ!!ノシ

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/kaian7315/kaian7315.hateblo.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

 

 

 

ゆめにっき

久方の「明晰夢」から帰還。



何処までも果てしない高速道路を


ひたすら飛ぶ。かっ飛ばす。スピーディーに。


背中に何かがしがみついていて


・・・・・・・・・

飛ばしてもらってる


いつものこのパターンか。


大体空を超スピードで飛ぶ事が多いが、今回は道路を車でもなく生身で疾走。シュールな光景であろう。


やがてカーブを曲がり損ねて崖から転落。


辺り一面森林。大自然その中をゆっくりと落ちていき


・・・・

都合よく


別のコースの道路にすとんと、着地。


再びかっ飛ばす。この感覚は病みつきになる。夢の中だから絶対安全。

危険度ゼロのアトラクション。


トンネルな入る。


闇。


闇。


深淵。


出口が見えない。



流石に少し不安になる。


そろそろ目を覚まそうかな。


いや、もう少し。


ふと、背中にしがみついてる「何か」が180度転回し引き返した。


再び明るい外に一瞬で出られる。



そこでサービスエリアみたいなところで降りる。


背中にしがみついてた「何か」の正体。アニメーションの少女だった。

やはり都合が良い展開。


けど、なんのキャラかは分からない。


「そろそろセーブして夢から醒める?」


僕は頷いた。


「じゃ、また後で」


目を覚ました。


そしてまた目を閉じる。

さっきの物語の続きを求めて。





残念ながら


少女は現れず。


全く関係無い映像が出現。脳が明晰夢タイム状態になってる時間は短い。

もう時間切れのようだ。



夢の世界での邂逅はただ一度きり。



明晰夢自体最近頻度が減ってきている。悲しい事なのかもしれない。





僕はまたあの少女に出会えるであろうか。