読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュエリズムの気ままに徒然

演奏やら遊戯王OCGやら趣味を中心に色々と書いてます。ツイッターhttps://twitter.com/@saecqYm

記憶の断片に潜むメロディーを電子の海から探し出す旅へ

誰しも思い出の曲はあると思います。

今はふと街中で聴いた曲も、スマホで調べれば直ぐに見つけられ、

そのままダウンロードできる時代。

でも幼少期、

もう何十年も前に聴いた曲。テレビ、ラジオ、親のオーディオ…等

微かに印象に残ってはいるものの、曲名やら歌ってたアーティストやらは

結局分からないまま…

そんな中、大人になってから

何年か後ふとあの曲の正体は?と調べたくなる。

皆さんはそんな経験は無いでしょうか。

僕は今、突発的に何曲か思い出の曲の正体を調べ、出来れば入手したい想いに駆られ、こんな記事を書いてます。

厨二くさいタイトルはそういう事デス(笑)

まあ、今やスマホの時代。

僅かな手掛かりでも直ぐに発見できるでしょう。では、早速。

 

1  安全地帯の曲で、OPがホラー調

 

小学生の頃、親の転勤でイタリアに数年間いたことは前に書いたきがします。

色々な思い出はありますが、親にイタリア内を含め、近接の様々なヨーロッパ各国

に連れて行ってもらったのが印象深いです。

その旅行中、親が車のオーディオで嫌という程聴いてたのが、

「安全地帯」のカセットテープでした。

玉置浩二さんを中心に70〜80年代を席巻した日本の伝説的ロックバンド。

2000年半ばに活動を再開して、未だ現役。おみそれします。

もうほんとに飽きるほど聞かされ…

どうしても影響を受けざるを得ません。実際「ワインレッドの心」は邦楽屈指の名曲だと思いますし、大好きになってしまいました。骨身にしみる程に。

ほとんど歌えますし、フルートでも吹けるかも…自分の音楽のルーツも

このアーティストにある気がします。

安全地帯を語り出したら止まらなくなりそうなので、本題。

ある一曲が、長年曲名が分かりませんでした。

当時小学生だった自分が感じた事。OPが、なんか不安になるおどろおどろしいメロディーで、怖い化け物が闇から現れそう。(親がホラー映画好きだったので、小学生からエイリアンやら散々みてました)しかし、歌が始まると、玉置さんの優しくも何処か哀しげな歌声で、ホット安心する…そんな印象の歌。サビの歌詞が、

「とぎれ、とぎれの思い出に、君の泣き顔が重なる」

覚えていたのはその程度。車の中でしか聴いた事が無く、カセットテープも

恐らく日本に帰る時無くなったかも…

高校生ぐらいの頃、中古CD屋とかで調べたけど分からず、そのまま最近まで

忘れてました。昔はネットも無かったですからね。

そして今調べまして、あっけなく見つけました。!

youtu.be

まさにこの曲!懐かしい…感慨深いものです。

調べると、収録されたアルバムは、「安全地帯Ⅰ」

ファーストアルバムだったんですね!

itunesでも配信されてたので購入しました!

これで一つ、思い出の曲が補完されました。

やはり今は便利ですね…結構長くなったので、次の曲はまたの機会にします。

皆さんも、記憶の片隅に残る名曲、発掘しましょう!!

また次回ノシ