読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュエリズムの気ままに徒然

演奏やら遊戯王OCGやら趣味を中心に色々と書いてます。ツイッターhttps://twitter.com/@saecqYm

フロイド・メイウェザー対コーナー・マクレガーのドリームマッチ、実現したとして、僕なりの見解

ついに動き出しましたね…

世紀の一戦。UFC側が、29億円で、メイウェザー側に提示したらしいです。ルールはボクシングルール。僕たち庶民にとっては夢のような現実感の無い金額での破格のオファーですよね。一見すると。

だがしかし。フロイド ・メイウェザー選手。にとってはこの金額は本当に魅力的でしょうか?去年、記憶に新しい世紀のビッグマッチ、メイウェザー対パッキャオ。ボクシングファンが長年待ち望んでいた一戦が、やっと実現しました。 この試合で、2人が得た報酬は、ファイトマネーのみで、メイウェザー選手約144億円‼︎ パッキャオ選手96億円‼︎と言われており、更にPPV(有料放送)や興行収入から二人に支払われるパーセンテージを加味すると、2人合わせて推定さ300億円以上稼いだと言われています。まさに天文学的な数字。(@_@) 勿論あの一戦と今回のマクレガー選手との一戦を比べるのは酷でしょうけど。かたやボクシング界の生ける伝説2人。一方コーナー・マクレガー選手。パンチ以外キック、投げ、関節等の総合格闘技、通称MMA界で今飛ぶ鳥を落とす勢いのスーパースターではありますが、ボクシングのみのルールに通用するかどうか、となると疑問があります。確かに彼は比類なきセンスを持つ天才格闘家。総合格闘家として、公表されてるなかでは恐らく初となる、ファイトマネーが1億円を突破したファイターという前代未聞の偉業を成し遂げました。しかし、プロボクシング界からすれば、なんの実績も無いグリーンボーイに過ぎません。 まあ、メイウェザー選手からしたら、近年ネームバリューを高めてきて、積極的に自分に噛み付いてくれたボクサーとしては素人と思われるマクレガー選手は、非常に美味しい相手であるに違いありません。今迄パッキャオ等ボクシング界最高峰の相手に勝利を収め続けてる自分からしたら、例え前回に比べたら 1/4程度の報酬としても、ほぼリスク無しで落ちている札束を拾うような機会。そうメイウェザー選手が考えてたのなら、今回対戦が少し実現に向けて動き出したのも納得です。 今回、マクレガー選手が所属するMMA団体UFCの、敏腕社長であるディナ・ホワイト氏が実際メイウェザー選手と会談を行い、マクレガー選手に冒頭の金額を提示し、交渉に臨んだらしいですが、まだまだメイウェザー選手はのらりくらりとした駆け引きを打ってるようです。恐らくまだ提示した冒頭の金額には不満があるのかどうか…UFCサイドとしても精一杯の額だと、思いますがね。ここからはディナ社長の交渉手腕に期待したいところです。 仮に200億ぐらい積めたら、メイウェザー選手をMMAの舞台に引っ張り出せそうですけど現実的ではないですね(笑)彼ももう40歳ですし、仮に今から総合格闘技に挑むとしても習得する技術は多いですし困難だと思われます。ただ僕個人は、メイウェザー選手程の超アスリートなら、センスでなんとかなりそうな気もしますね。あのリング上でのスーパーディフェンステクニックが、蹴りやタックルを絡めて来る相手にも通用するのか、興味がある人は少なからずいると思います。 一方マクレガー選手のボクシング技術がどのレベルなのか、いきなり頂点に君臨するメイウェザー選手に挑戦するのは、いくら話題性の為とはいえ、あまりに無謀と思う人は多いことでしょう。せめてボクシングで査定試合的な試合を何戦か挟んでたら、恐らく世間も納得いくでしょう。そこで勝利を収めれたら、さらに「メイウェザー対マクレガー」の 価値があがります。ただ現実的にメイウェザー選手の年齢的なものを加味し、そこまで待ってくれるかどうか…でも、実際メイウェザー選手の同階級、大体ウェルター級あたりは強豪達ひしめく世界。そこでマクレガー選手がどこまで上り詰めるか。 そんな中、実は去年の12月、その階級のボクサーの1人が、マクレガー選手に物申してました。その選手の名は。 元二階級制覇王者 ポール・マリナッジ選手。 「俺が奴にボクシングのレッスンをしてやる」と、メディアでマクレガー選手を挑発し、恐らくスルーされてたと思います(笑) 僕は偶然、秘蔵のビデオテープ(笑)コレクションに、メイウェザー二世と謳われてるエイドリアン・ブローナー選手との、世界ウェルター級タイトル戦の試合が収録されていたので、今現在進行形で横目で見ながら記事を書いてます(笑) この選手、40戦近く試合を行い、KO数たったの7!!まあ、試合を見る限り、スピードで撹乱する技巧派で判定まで持っていくタイプで、メイウェザー選の、失礼な言い方をしたら下位交換?的な印象なので、其れ程マクレガー選手にとっては脅威では無いかな…と、マクレガー選手の試合との動画を見比べてみましたら、ハンドスピードだけみれば、マリナッジ選手が僅かに速い! 伊達に世界王者に上り詰めてるわけでは無いですね。当然、ボクシングにはハンドスピード以外の要素もいくつもありますけど。ちとここはマクレガー選手、挑発に乗ってあげるのもアリなのでは?(笑) 非常に長くなりましたが、色々と浪漫溢れる対戦カード、今後の展開に注目ですね。 そして。個人的な提案として前哨戦 「コーナーマクレガー🆚ポール マリナッジ」 皆さんはどうでしょう?